WordPressプラグインについて

ブログ形式のホームページを作ることに特化しているワードプレス。普通のホームページを作ることも可能であり、使い方によっては様々な表現をすることが可能です。

ワードプレスのプラグインは一言で説明すると機能の追加です。例えばアバターを簡単に登録したい。記事の最後にプロフィールを入れたい。どのくらいアクセスがあるのか集計したい。こういったものを後から追加出来るということです。

サーバーにワードプレスをインストールして、そのままの状態で利用するとします。基本的な機能、見栄え、そしてコンテンツの管理などは全て行えます。しかし、ワードプレスの真髄はテーマとプラグインの追加によるカスタマイズです。

そして、プラグインについての説明をしているホームページはたくさんあります。学ぶのにこれほど嬉しいことはありません。自分のワードプレスに入れたら、こうだったよ。このプラグインの使い方はこうです。自分でプラグインを導入された方のページを見ることで、また新たな発見も生まれてきます。

ワードプレスを利用するメリットとして、HTMLやCSS、PHPなどを理解していなくても、自分自身で調べて、構築し、ホームページとして稼働させることが出来るということがあります。

そして、テーマと呼ばれる全体的なデザインの変更、プラグインによる機能の追加。それらを組み合わせ、その上でPHPで記述されているテンプレートを編集できるようになれば、世界に一つだけのホームページを持つことが可能となるのです。

大事なこととして、機能やデザインだけでなく、コンテンツの充実をしっかりすることです。不思議なことにワードプレスのカスタマイズは自分が勉強していることなど感じずに、新しいことをどんどんと試したくなります。すると、時間をとてもたくさん使ってしまうですね。

プラグインの導入はアップロードする手順と、ワードプレス内で検索し、インストールする手順があります。どちらも、ほぼマウスだけですし、有効化するのもクリックひとつです。プラグインによっては有効化するだけで、細かい設定のないものも存在します。

逆に、細かい設定のあるものは、日本語化されていない場合は少々大変です。それでもワードプレスのファンが作っているページは豊富にあるので問題はないでしょう。

あまりにも難しい、想像していたような機能ではない。設定がわからない。そういう時は思い切ってホームページ制作会社さんに頼むのも手です。色々なサービスを活用してホームページ運営の大変な部分を少しでも軽減してくださいね。

WordPressテーマについて

ワードプレスにおけるテーマとは全体的なデザインがひとまとめになっているものです。

クリックひとつで変更することが出来て、テーマの種類によってはパララックス効果、ヒーローなどの設定も可能となります。

考え方としてはHTMLタグを出力するPHPのテンプレート、そしてスタイルシートを変更することで配置や見栄えが整っているものだということです。そして、テーマを編集できるようになると、ワードプレスの更なるカスタマイズが出来るようになります。

ワードプレスを使うということは、デフォルトでそのままということは少ないです。それはテーマとプラグインの組み合わせによって多彩な表現が可能だからです。

そして何よりもたくさんのテーマが無料で利用出来ます。これはとても魅力的であり、実際に自分のワードプレスに合うテーマを探す時も色合いやカラムなどを検索することで見つけやすくもなっています。

テーマによっては必要なプラグインなどもあり、組み合わせるだけでより自分のページがデザイン的にも機能的にも性能がアップするでしょう。

中には有料のテーマも存在します。例えばフッターにテーマ作成者のクレジット表記を非表示にするものやテーマ専用のプラグインを追加するもの、そしてテーマの機能制限を解除するものなど様々です。

あともうちょっとカスタマイズしたいと思う部分がとても多いです。しかし、無料ままであっても工夫一つで十分に利用可能です。

テーマをいくつか利用してみるとわかるのが、ダウンロードページにあるような見栄え、構成にするにはいくつかポイントがあるということ。細かな設定をきちんとしなければ想像していたようなページにはならない。

そこでヘルプような形でアドバイスが画面に出ます。それらを見逃さないようにして、画像や配置などを上手に行えば、見栄えに関して言えばそんなに深い知識がなくても再現できると言えます。

日本語化がなされていない部分についてはGoogle翻訳などで自分で日本語に変換する。ドキュメントなどもページ翻訳をすることでだいたいのものは使えるようになります。

プラグインとの違いとしては、PHPの関数をテンプレートに直接追記しなければならないというものは少ないということ。外観、カスタマイズの部分でプラグインごとのショートコードと呼ばれるものを入力する場合はありますが、それらも設定するページにきちんと書いてあるものが多いです。

テーマについては内容にあったものを選ぶ、そして、柔軟に変更できるような形でワードプレスを構築すれば、リニューアルなども簡単になります。

様々なテーマを試して、自分に合ったものを探すのはとても楽しいですよ。

クラウドとは

クラウドコンピューティングと呼ばれる、インターネット上にあるウェブサービスの総称です。

新しい呼び名であるだけという見方もありますが、技術的は面での進歩を考慮すれば、インターネット・サーバービジネスの次の名前としてふさわしいとも言えます。

では、実際に現代のクラウドと呼ばれるものはどのようなものがあり、どう捉えられているのか。意味合いとして感じるのがクラウドストレージ・メール・メディアなどのコンテンツやアプリなどのゲームではないでしょうか。

実はインターネット上にある電子的なデータでアップロード・ダウンロードされる情報は全てクラウドであると言えます。もちろん、これがクラウド・あれはクラウドじゃないという見方をする場合もあるでしょう。

そしてクラウドとクラウドでないものを区別する時にわかりやすいのが、手元にデータがあるかないか。オンラインかオフラインか。基本的には外部のデータベースを参照し、個人・企業問わずにシステムとして利用するものを指します。

今はハイブリットクラウドと呼ばれる分類もあり、外部と内部の両方でデータの管理をするものも増えています。

インターネットを介して得たデータであれば全てクラウドであるという見方が今は一番強いのではないでしょうか。オフラインになるという状況は昔と比べて少なくなりました。

公衆のWifiは今はコンビニや商業施設などでも当たり前に無料で提供されています。

さらにクラウドという言葉を強く感じるのは有線ありきでのインターネット環境から、無線によるものに変化したことも理由となります。

企業内でもステルスでの無線によるインターネット環境の整備も進んでいます。コードレスが進んでいるのは無線によるデータ通信の容量が増えたこともあげられます。

クラウドという言葉の付くサービスは目に見えないもの、というイメージもありますが、インターネット環境が進化し、コミュニケーションが多種多様になったこと。そしてAIでの応答なども増えましたが、画面のその先にはしっかりと人間がいます。

システム化されていても、そのシステムを作るのは人間です。そして維持運営するのも人間が必ず携わっています。

クラウド上でのサービスを利用したり、作ろうとする時は常にその先に人がいるということを忘れないようにするべきであり、例えば情報を発信する、情報を受信する時に相手が見えないから、自分の姿が相手に見えていないからといって、安易な気持ちで人を傷つけてしまうような行為についてはリテラシーの観点からも注意するべきポイントです。

ネットマナーという言葉も含めて、覚えておくことはとても必要なことだと思いますよ。

レンタルサーバーとは

ホームページを作りたいと考えた時に必要になるのが主にドメインとサーバーです。そしてごくふつうの人であれば自宅にサーバーを持っている人は少ないでしょう。

サーバーとはホームページをインターネット上で公開するためのデータ領域と言えます。

月額や年単位などでサーバーをレンタルし、そこに自分の文章や画像などのデータを置く。ホームページとして表示されるようにHTMLやCMSなどを用いてインターネット上に発信する。

サーバーと聞くとどうしても難しいように聞こえますよね。しかし、最近のレンタルサーバーはとてもサービスが良いです。

例えば月額500円くらいでレンタルし、ブログやコンテンツを作れるワードプレスの導入がクリックだけで行えるものや、ドメインの取得後、そのままレンタルすればスムーズにホームページが作れるものも多いです。

個人なのか、商用なのかで料金や費用を考える部分はありますが、サポート面やセキュリティなどを考えて選択すれば難しいものではありません。

しかし、実際に何もわからない状態で登録したり、決済を行ってしまうと使いこなせないのにお金だけ払うようなことにもなります。

そういった場合は最初の立ち上げだけでもWEB制作会社に依頼することもおすすめです。例えば商用であった場合、ホームページの有無で売上が違うとすれば、導入しない手はありません。

しっかりとしたドメインのページを持つことは信頼出来る要素でもあるからです。

最初にドメインを考えるというのは実はとても大変です。ドメインはあとから変更できるものでもありますが、初心者が適当に考えてしまうのはとてももったいないです。

短くて覚えやすいドメイン。電話などの口頭でも伝えやすいドメインは人気が高いです。ドメイン自体がサービスを表すような作りにするのも効果的であると言えます。

レンタルサーバーは自分で決めたドメインから、実際にユーザーがアクセスする領域です。個人商用問わずに、最終的にどれくらいのデータ容量が必要となるのかを考えて、どれくらい拡張できるのかも視野に入れると良いでしょう。

値段はピン切りではありますが、安くても良い所もあります。逆に高くても良いのかな?と感じるようなレンタルサーバーもありますから、口コミだけでなく専門家に相談することもおすすめです。

そしてチェックしておきたいのが、何か物販サイトにしたい場合、ECサイトとしてのカートなどの機能が付けられるかどうかです。

見逃してしまうとレンタルサーバーと決済の機能が別々の管理画面になってしまうなど手間が増えますから、利用する、しないにかかわらず覚えておいて損はない項目だと思いますよ。

ブログとは

weblog=ウェブログの語尾です。一般的イメージとしては日記や個人の主張や意見などの記事やエントリーなどがありますね。

企業やサービスを提供している側でも、実際に務めている人の作業日誌や日報、それらを社外などに見せることにより、人間味を伝えたり、実際にどんなことをしているのかという現場のことを知ることが出来たりします。

ニュースや役立つ情報などジャンルにくくりはなく、ホームページやウェブサイトという言葉よりも今はブログの方が呼び名としては有名です。

元々はまだインターネットが普及しない、個人でホームページを持つことが出来ない時代に、インターネット上にある情報を見て、それらに対する言及や感想などを個人の方が自分のホームページに載せ、コンテンツを増やすスタイルのことを指していました。

自分だけが生み出せるもの、ということではなく、こういうものがあって、こう思ったよ。見てみる価値があると思うよ。単純にはそういった内容の文章でした。

今でもありますが、トラックバックと呼ばれる言及先のホームページとの交流、更新や新しい記事が出来たらピングという形で新着情報の配信。RSSなどで記事の要約をしてあるものを発信など、誰かに知ってもらうための工夫がされているものでした。

現代ではSNSなどもあり、ブログという分類だけで個人が情報を発信をするということも少なくなりました。逆に、昔もですが更に、ブログ自体を仕事とし、良質なコンテンツを生み出し続けている方もたくさんいらっしゃいます。

SNSもブログも、ホームページなどに元々あったコメントや足跡帳と呼ばれていたものが進化し、表現を変えて、人と人との交流を促すこと、本来のインターネットのあるべき姿、情報の共有という点について理解が深まることで広まったと言えます。

逆に、ブログなどでアクセスが欲しい。有名になりたいという気持ちから、個人情報や誤った情報、もしくは人を傷つけてしまう情報を発信してしまう方も増えました。

これはインターネットを利用する上での最低限のリテラシーについて、未だにしっかりとした策定がされていないことが原因です。

こんなにも当たり前のものなのに、自己責任、自分の感覚でしか、やっちゃいけないこと、やってよいことの判断が出来ない。

同時にそれはインターネット上で安易に情報が発信できてしまうことについて問題であると言えます。

誰でも気軽に、それは本人の意図とは別で、意味のない、無駄で他人を不愉快にさせるというマイナスにしかならない一面を持ちあわせてしまう可能性もあるからです。

もしブログを使って何かを発信したいと考えた時、まずは面白半分で自分や親しい友人の写真や情報をコンテンツの主とするのは避けましょう。

それだけでも情報を発信する上で、ご自身が知らずに危害を加えられるということは激減します。