レンタルサーバーとは

ホームページを作りたいと考えた時に必要になるのが主にドメインとサーバーです。そしてごくふつうの人であれば自宅にサーバーを持っている人は少ないでしょう。

サーバーとはホームページをインターネット上で公開するためのデータ領域と言えます。

月額や年単位などでサーバーをレンタルし、そこに自分の文章や画像などのデータを置く。ホームページとして表示されるようにHTMLやCMSなどを用いてインターネット上に発信する。

サーバーと聞くとどうしても難しいように聞こえますよね。しかし、最近のレンタルサーバーはとてもサービスが良いです。

例えば月額500円くらいでレンタルし、ブログやコンテンツを作れるワードプレスの導入がクリックだけで行えるものや、ドメインの取得後、そのままレンタルすればスムーズにホームページが作れるものも多いです。

個人なのか、商用なのかで料金や費用を考える部分はありますが、サポート面やセキュリティなどを考えて選択すれば難しいものではありません。

しかし、実際に何もわからない状態で登録したり、決済を行ってしまうと使いこなせないのにお金だけ払うようなことにもなります。

そういった場合は最初の立ち上げだけでもWEB制作会社に依頼することもおすすめです。例えば商用であった場合、ホームページの有無で売上が違うとすれば、導入しない手はありません。

しっかりとしたドメインのページを持つことは信頼出来る要素でもあるからです。

最初にドメインを考えるというのは実はとても大変です。ドメインはあとから変更できるものでもありますが、初心者が適当に考えてしまうのはとてももったいないです。

短くて覚えやすいドメイン。電話などの口頭でも伝えやすいドメインは人気が高いです。ドメイン自体がサービスを表すような作りにするのも効果的であると言えます。

レンタルサーバーは自分で決めたドメインから、実際にユーザーがアクセスする領域です。個人商用問わずに、最終的にどれくらいのデータ容量が必要となるのかを考えて、どれくらい拡張できるのかも視野に入れると良いでしょう。

値段はピン切りではありますが、安くても良い所もあります。逆に高くても良いのかな?と感じるようなレンタルサーバーもありますから、口コミだけでなく専門家に相談することもおすすめです。

そしてチェックしておきたいのが、何か物販サイトにしたい場合、ECサイトとしてのカートなどの機能が付けられるかどうかです。

見逃してしまうとレンタルサーバーと決済の機能が別々の管理画面になってしまうなど手間が増えますから、利用する、しないにかかわらず覚えておいて損はない項目だと思いますよ。