WordPressプラグインについて

ブログ形式のホームページを作ることに特化しているワードプレス。普通のホームページを作ることも可能であり、使い方によっては様々な表現をすることが可能です。

ワードプレスのプラグインは一言で説明すると機能の追加です。例えばアバターを簡単に登録したい。記事の最後にプロフィールを入れたい。どのくらいアクセスがあるのか集計したい。こういったものを後から追加出来るということです。

サーバーにワードプレスをインストールして、そのままの状態で利用するとします。基本的な機能、見栄え、そしてコンテンツの管理などは全て行えます。しかし、ワードプレスの真髄はテーマとプラグインの追加によるカスタマイズです。

そして、プラグインについての説明をしているホームページはたくさんあります。学ぶのにこれほど嬉しいことはありません。自分のワードプレスに入れたら、こうだったよ。このプラグインの使い方はこうです。自分でプラグインを導入された方のページを見ることで、また新たな発見も生まれてきます。

ワードプレスを利用するメリットとして、HTMLやCSS、PHPなどを理解していなくても、自分自身で調べて、構築し、ホームページとして稼働させることが出来るということがあります。

そして、テーマと呼ばれる全体的なデザインの変更、プラグインによる機能の追加。それらを組み合わせ、その上でPHPで記述されているテンプレートを編集できるようになれば、世界に一つだけのホームページを持つことが可能となるのです。

大事なこととして、機能やデザインだけでなく、コンテンツの充実をしっかりすることです。不思議なことにワードプレスのカスタマイズは自分が勉強していることなど感じずに、新しいことをどんどんと試したくなります。すると、時間をとてもたくさん使ってしまうですね。

プラグインの導入はアップロードする手順と、ワードプレス内で検索し、インストールする手順があります。どちらも、ほぼマウスだけですし、有効化するのもクリックひとつです。プラグインによっては有効化するだけで、細かい設定のないものも存在します。

逆に、細かい設定のあるものは、日本語化されていない場合は少々大変です。それでもワードプレスのファンが作っているページは豊富にあるので問題はないでしょう。

あまりにも難しい、想像していたような機能ではない。設定がわからない。そういう時は思い切ってホームページ制作会社さんに頼むのも手です。色々なサービスを活用してホームページ運営の大変な部分を少しでも軽減してくださいね。